ストレスをため込むことで起こる病気

人間の身体にとってストレスとは精神的なものですが、この精神的なものが身体などの物理的なものに実際に症状を現してしまいます。
ストレスが原因で引き起こされる病気は、うつ病などの精神的な病気だと思われますが、それだけではなく身体的にも様々な症状を引き起こしてしまいます。

まずストレスが原因で身体の症状に出てしまう代表的なものは、胃痛です。

この胃痛は人間が精神的なダメージを受けてしまうと、胃が必要以上に胃液を分泌させることにより、胃の粘膜に傷をつけてしまうことから発症します。そのため、メンタルが弱いと胃が痛くなるというのは、身体の防衛反応によるものなのです。


また、人間の身体はストレスを感じ取ると、身体を守ろうとして臨戦態勢に入ります。そのため交感神経が優位になる状態が続いてしまい、副交感神経が優位になることで生じる身体のリラックスした状態を作り出せなくなります。それが原因で夜に良く眠れなくなってしまい、不眠になってしまうのです。

2014.04.30 Maria.D

ストレスの軽減方法について

日本人の間ではストレスにさらされながら社会生活を送っている人があふれかえっています。ストレスはどのような職業であっても身近について回るものではありますが、できるだけ軽減をするように心掛けることが大切です。特に仕事帰りや休日の時間を上手く過ごすことができる人にとってはメンタルケアをしっかりと行うことができるといわれています。メンタルケアのテクニックをマスターすることによって、自分でストレスを軽減する術を身につけることもできます。 Field Picture

インターネット上ではストレスを軽減するためのメンタルケアの方法について積極的な情報交換が行われており、劣悪な職場環境で働いている人にとっては最重要課題としてとらえられています。

ストレスの中には自分のモチベーションを高めてくれる性質のものがあるために、ピンチを悲観的に考えすぎないことが何よりも重要です。今後も現代人の生き方についての関心がさらに高まってゆくとみられています。

2014.04.30 Maria.D
© 2014 ストレスを貯めない!!not build up stress!